十三非常階段
●ビーストウォーズ  C-8 タイガトロン
TIGATRON BEAST WARS Transformers 777

ござる」口調のサムライ戦士タイガトロンは、
元の海外版でも超然とした存在でした。
脇役ながら強い個性を示し、
BWの物語にも深く関わっていました。

チータスと全く同じ型にも拘わらず別人に見えるのは、
カラーリングの妙による物に加え、
アニメでのキャラクター付けが
個性豊かに表現してくれた御蔭でしょう。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズ リターンズ  BR-14 ビーコンオブシディアン
OBSIDIAN Vehicons Beast Wars Returns 540

人気低迷が続き、アメリカに於けるトランスフォーマー
存続の危機に追いやった『ビーストマシーンズ』は
日本での導入は見送られ、TV放送は全く望めませんでした。

それから4年、トランスフォーマー生誕20周年
という理由で梃入れを行ったのかもしれません、
モバイル放送という枠組み内ではあった物の
BMは『ビーストウォーズ リターンズ』として
日本国内での放送に漕ぎ着けたのです。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー プライム  アームズマイクロン M-04 アルエ
Arms Micron ARUE MGP820

トランスフォーマー シリーズに於いて
プラモデル』というスタイルは極稀に存在するが、
メインの変形トイシリーズに『組み立てキット』を取り入れた
トランスフォーマー プライム・アームズマイクロン シリーズ』は、
それまでのTFとは一線を画す驚くべき物であった。

本来の購買層である児童向けに
採用されたであろう、このスタイルは、
往年のファンにとっても目新しい物であり、
長い間忘れていたプラモデルを組み立てる
楽しさを思い起こさせてくれた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー オートボットアライアンス  AA-14 テラダイブ
トランスフォーマー オートボットアライアンス AA-14 テラダイブ 774

トランスフォーマー・ムービーシリーズの展開も4年目を迎え、
ムービー用TFの開発も波に乗っている時期に展開された
オートボットアライアンス』シリーズには
秀逸なアイテムが数多く揃っている。

それまで培ってきたムービー版TFのノウハウが
詰め込まれた新作トランスフォーマー達は、
スタイル、変形、可動等、どれも優れた精度を示し、
魅力溢れるシリーズとなった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TRANSFORMERS MOVIE  レジェンドクラス クリフジャンパー
Legends Class Cliffjumper 9074

海外ではレジェンドクラスと呼称されるEZコレクションは、
ハリウッド映画シリーズでも数多くのアイテムが発売され、
コレクション性が高い一大シリーズとなっている。

国による販売形態の違いやショップ限定アイテムを含むと
その総数は膨大な物となり、全てを追いかける事は困難だ。

ショップやイベント、海外旅行等で
目に留まる物があれば入手する。
その様に気楽にコレクションしていくのも一つの手である。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズⅡ  C-23 DJ
DJ BEAST WARS Ⅱ C-23 JOINTRON 751

元々デストロン側の悪役として開発され、
設定ではプレダコンズの最高幹部として
位置付けられた三人のTFは、
日本では正義側の別キャラにされた事に加え、
TF史上稀に見る能天気なパーティー集団と化しました。

色が変われば別人”は
トランスフォーマーの不文律ですが、
これほどイメージを覆した例はあまり無く、
日本版スタッフのアイディアと懐の深さが窺えます。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー  アダムス
G1 ADAMS COSMOS TRANSFORMERS 029

変形するロボットヒーロー、トランスフォーマー
様々なモチーフの選択で楽しませてくれる。

“変形すれば何でも有り”の様相を呈するTFの中にあっても、
UFOという突飛な変形モードを持つアダムスは、
TFシリーズのキャッチコピー『Robots In Disguise』を
真っ向から無視しているかの様であり、
その異端さに心惹かれる。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズⅡ  D-15 スラスト
BEAST WARS Ⅱ THRUST Transformers 576

ビーストウォーズⅡスタート時の最初期に発売されたトイは
新規開発の物は一つも無かったのだが、
日本未発売アイテムが多かった事もあり、
見劣りする印象は受けなかった。

当時はビーストTF全盛であった背景もあり、
日本未発売トイの中には日本導入が難しいと
思われていたアイテムも含まれており、
アメリカのショップ限定で展開した
マシーンウォーズのアイテムが、
装いも新たにBWⅡのラインナップに
加えられた事は嬉しいアイテム選定であった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー カーロボット  D-007 ダンガー
TRANSFORMERS CAR ROBOT D-007 DANGAR 209

戦闘兵器は男児玩具としてはポピュラーな物で、
男子であるならば国、人種を問わず、
少なからず興味がある筈だ。

戦うロボット・トランスフォーマーには、
兵器は最もマッチした変形モチーフと言えるかもしれない。

7タイプもあるスクランブル合体ロボットの中から
様々な兵器に変形するコンバットロンが度々採用されるのは、
男児玩具に於いて兵器というモチーフは、
時代に関わらず不動の人気がある為だろう。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー シージ  SG-21 レスキューパトロール ステイクアウト
TF STAKEOUT Transformers SIEGE 154

トランスフォーマーV』で活躍した
ホーリーのリメイク版が登場。

としても全く違和感が無い優れた出来映えの
マイクロマスター・ステイクアウトは、
古参のTFファンのみならず現在のファンも
魅了した事は間違いないだろう。

ステイクアウトG1マイクロマスターのトイではなく、
日本版アニメ作品トランスフォーマーV』に於ける
ホーリーのデザインを基にしたと思われる程、
アニメ版ホーリーに酷似した姿なのだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ユナイテッド UN-03 クリフジャンパー サイバトロンモード
G1 CLIFFJUMPER Transformers UNITED UN-03 0082

G1初期キャラクターのクリフは、
当時のトイがそうであった様にバンブルと類似した
ボディを持つ事が伝統的に守られてきた。

この暗黙のルールを崩さない事に加え、
更に新規の頭部が与えられている
ユナイテッド版クリフジャンパーは、
単なるリペイントに終わらない
ファンには嬉しい限りの仕様である。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー リベンジ  EZコレクション Vol.3 ジョルト 
Transformers Revenge JOLT EZ Collection 123

名は体を表す』とはよく言った物で、
ジョルトの場合もこの言葉に
見事合致しているキャラクターだ。

エコカーに変形し円らな瞳を持つ、その外見上の印象とは
相反する様な性格設定が魅力的な存在である。

TFは個性によってキャラクターが活きてくるという事を
改めて思い起こさせてくれるのが、
ジョルトと言っても良いだろう。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●変形!ヘンケイ!トランスフォーマー  D-02 スタースクリーム
G1 STARSCREAM HENKEI!HENKEI! TRANSFORMERS D-02 477

初代スタースクリームのトイは幾つも存在するが
決定版と呼ぶに相応しいのは、
このヘンケイ!版スタースクリームでしょう。

先行して登場し原型となったCLASSICS版も、
元々スタイルに定評があったのだが、
ヘンケイ!版は更に追加要素が加わった。

日本版はアニメカラーに準じながら
細かい塗装とメッキパーツの採用で、
より完成度の高い上質な物となりました。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●記事一覧【15】 トランスフォーマー アニメイテッド


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●映画 トランスフォーマー  MA-08 ロングビュー
REAL GEAR ROBOTS MA-08 LONGVIEW TRANSFORMERS MOVIE 2007 805

生活圏に於ける身近な機器からロボットへの変形を
コンセプトに据えたTFの新シリーズ・リアルギアは、
TFの祖であるミクロマン・ミクロチェンジシリーズ
概念を現代に蘇らせた画期的なシリーズでした。

決して低レベルなトイでは無かった物の、
リアルTFに重きを置くムービーシリーズ
組み込ませてしまった事が大味なイメージを助長させ、
結果セールス面での敗因に繋がった物と考えられます。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog