十三非常階段
●BEAST MACHINES  ハンマーストライク
HAMMERSTRIKE BEAST MACHINES Battle For The Spark 054

ビーストマシーンズのトイは、
有機体と機械が融合したかの様な
独特のセンスを感じさせる
特異な姿に定評がある。

アメリカに於けるTVアニメの人気不信の
影響でトイは日本での発売が見送られ、
影の薄いキャラクターが多数を占める物の、
その前衛的とも言える
優れたデザインのトイは瞠目に値する。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズ リターンズ  BR-14 ビーコンオブシディアン
OBSIDIAN Vehicons Beast Wars Returns 540

人気低迷が続き、アメリカに於ける
トランスフォーマーを存続の危機に追いやった
ビーストマシーンズ』は日本での導入は
見送られ、TV放送は全く望めませんでした。

それから4年、トランスフォーマー生誕20周年
という理由で梃入れを行ったのかもしれません、
モバイル放送という枠組み内ではあった物の
BMは『ビーストウォーズ リターンズ』として
日本国内での放送に漕ぎ着けたのです。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●BEAST MACHINES  ハッピーミール チーター
CHEETOR BM HAPPY MEAL TOY BEAST MACHINES TRANSFORMERS 201

マクドナルドのキッズミール、
ハッピーミール』に付属する玩具は、
世界的にも定番の幼児向けトイであり、
トランスフォーマーシリーズも
度々ハッピーミールトイに採用され
数多くのアイテムが登場した。

特に1990年代の『ビーストウォーズ』期からは、
ハッピーミールTFの種類は飛躍的に増加し、
2000年の『ビーストマシーンズ』シリーズ
に於いても当然の如くハッピーミールトイ
世に送り出された。

更には幼児向けトイの域を超える
数々のアイディアを取り入れた
目を見張る仕様は、大人のTFマニアさえ
唸らせるほどの優れたアイテムでもあったのだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TRANSFORMERS DINOBOTS  ダイノトロン
DINOTRON BEAST MACHINES DINOBOTS TRANSFORMERS BW 856

恐竜型トランスフォーマー
構成されるダイノボット部隊は、
G1期初代ダイノボットだけではない。

ビーストマシーンズ期
TRANSFORMERS DINOBOTS』は
トイのみで展開した為、
従来のダイノボットよりはマイナーだが、
多種多様な恐竜に変形する
ダイノボット達が揃っていた。

その名も『ダイノトロン』という、
ダイノボットの代表の様な名前を持つ
このTFは、パキケファロサウルスという、
これもまたマイナーな恐竜に変形する辺りが、
逆に興味を惹かれる存在であった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●BEAST MACHINES  レイブ
トランスフォーマー ビーストマシーンズ ディプロイヤーズ レイブ 3247

トランスフォーマーの中には、ヒューマン型のロボット形態を
持たない者も存在し、G1期カセットロンジャガー
スカイリンクス等、アニマル型TFが多い傾向がある。

ビーストマシーンズ』のディプロイヤーズの面々も
人型のロボットモードは持たないが、計算された
自動変形ギミックを搭載した秀逸なTFトイであった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●BEAST MACHINES  ハッピーミール メガトロン
Transformer Happy Meal BEAST MACHINES MEGATRON 178

海外にはトランスフォーマーのハッピーミール・トイが数多く存在する。

ハズブロタカラが発売する変形トイにばかり目が行きがちだが、
日本未発売のハッピーミール・トイを手に取ってみると、
玩具メーカーに負けない程のクオリティを備えている事に驚く。

ビーストマシーンズハッピーミール
その例に漏れる事は無く、非常に質の高いトイであった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズ リターンズ  BR-08 ビーコンスラスト
VEHICON THRUST BEAST WARS RETURNS BR-08 BEAST MACHINES 472

ビーストマシーンズ』のアイテムは、
アニメ設定とトイのスタイルが
懸け離れている事に
注目が集中したトイシリーズであった。

この傾向を打破する意図があったと
思われるが、シリーズ後半の
BEAST MACHINES BATTLE FOR THE SPARK
シリーズでは、アニメ設定を基に開発された
トイが数体発売されている。

これ等のTFトイは、
海外版から数年遅れて展開した
日本版ビーストウォーズ リターンズ
でも採用された。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●BEAST MACHINES  ハッピーミール ジェットストーム
Happy Meal Beast Machines Jetstorm  GP0157

ハンバーガーセットに付属するハッピーミールトイは、
児童向け玩具として最も手軽な部類のアイテムである。

TFシリーズマクドナルドバーガーキング等で、
キッズ向け玩具付きセットメニューが多数登場している。

ビーストマシーンズハッピーミール
児童専用に造られたトイながら、大人のTFファンも
唸らせる程の高い完成度が魅力である。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●BEAST MACHINES  ハッピーミール タンカー
TANKOR BEAST MACHINES HAPPY MEAL TOY McDonald's TRANSFORMERS 816

マクドナルドハッピーセットの名称は
日本独自の物で、海外では
ハッピーミールと呼称される事が常である。

ハッピーミール・トランスフォーマー
歴史は古くG1初期まで遡り、
日本とは比べ物にならない程の
アイテムが存在している。

そして、ビーストウォーズ シリーズでは
コンスタントに登場してきたハッピ-ミールTFは、
ビーストマシーンズに於いても採用され、
健在振りを示してくれた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●BEAST MACHINES  ジェットストーム
Imgp6118.jpg

トランスフォーマーの歴史の中でも
一際異彩を放つシリーズであるビーストマシーンズは、
登場したTF達のデザインも独自の物であった。

ハズブロから提示された僅かなイメージを基に造られたデザインは、
映像面ではCG製作会社の暴走気味で不気味な物となった一方、
玩具担当のタカラは商品を売らなければならないプレッシャーもあったのだろう、
独自の解釈と顧客である児童に受け入れられる要素を付加し、
思考錯誤が窺えるスタイリッシュさを持つロボット・トイとなっている。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●BEAST MACHINES  スパイストリーク
Imgp2335.jpg

2001年より展開されたビーストマシーンズの新カテゴリー、
BATTLE FOR THE SPARK』シリーズではパッケージを一新、
ビーストマシーズの健在振りを示しました。

ビーストマシーンズ特有のデザインを引き継ぎながら、
トイとしての精度は初期BMトイよりも向上した、
一目置くに値するシリーズとなっていました。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●BEAST MACHINES  バズソー
BUZZSAW BEAST MACHINES TRANSFORMERS MAXIMAL 984

CG版ビーストウォーズはCG製作と
ストーリーの関係上、アニメに登場する
キャラクター数は限られた物でした。

トイオリジナルキャラクターが多かった
海外版BWシリーズですが、
特にビーストマシーンズは大半が
アニメ未登場という稀な構成となりました。

それ等のキャラクターはBMの日本展開である
ビーストウォーズ・リターンズでも除外され、
終ぞ日本で発売される事は無かったという
残念な結果を残す事になったのです。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●BEAST MACHINES  オプティマスプライマル
OPTIMUS PRIMAL BEAST MACHINES TRANSFORMERS Deluxe Class GORILLA 267

数年に渡るビーストウォーズ人気を踏まえ、
FOX KIDSでのアメリカ全国放送に
格上げされ、ビーストマシーンズ
鳴り物入りでスタートした。

結果は御承知の通りで、CGアニメ製作の
メインフレーム社の暴走気味な展開により、
TFファンは勿論、メーカーすらも
裏切る形となってしまった。

然れど、その独特の世界観に呼応したかの様な
デザインは特殊な物で、他のシリーズのトイとは
違った雰囲気を醸し出しています。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog