十三非常階段
●トランスフォーマー2010  C-79 ブラー
ブラー G1 トランスフォーマー 2010 C-79 095

元祖早口ロボット・ブラーは、
その強烈な個性で見る者の脳裏に
焼き付く強い印象を残した。

1986年の『トランスフォーマー・ザ・ムービー』で
初登場し、続くTVシリーズにも準レギュラーの
キャラクターとして活躍を見せた。

映画で初登場した2010TF
アニメデザインを基にトイが製作されたが、
その中でもブラーは他の者に比べ
再現度が高いトイだった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー  43 ブリッツウイング
BLITZWING G1 TRANSFORMERS 633

多段変形トランスフォーマー第一号として
登場したブリッツウイングは、
現在に於いても数ある
トリプルチェンジャーの代表格と言えよう。

戦車形態のデザートカラーに
デストロンらしさ溢れるパープルが
組み合わさった独自のカラーリングも
強い印象を残した。

変形するロボットの楽しさを存分に
発揮しているブリッツウイングは、
今尚、名作に数えられるTFトイの一つである。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー  アダムス
G1 ADAMS COSMOS TRANSFORMERS 029

変形するロボットヒーロー、
トランスフォーマーは様々なモチーフの
選択で楽しませてくれる。

“変形すれば何でも有り”の様相を呈する
TFの中にあっても、UFOという
突飛な変形モードを持つアダムスは、
TFシリーズのキャッチコピー
Robots In Disguise』を
真っ向から無視しているかの様であり、
その異端さに心惹かれる。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー 超神マスターフォース  D-314 クラーケン
KRAKEN SEAWING G1 Transformers Master Force 890

トランスフォーマーは1987年の
ザ・ヘッドマスターズ以降、
海外と日本のストーリー展開は別となり、
1988年スタートの超神マスターフォース
完全日本オリジナルの
ストーリーに一新されました。

海外版以上の個性を持つキャラクターが
多数生み出される中、シーコンズ
没個性になってしまった事は否めません。

しかし同形のTFが
集団で暴れる様は目新しい物で、
強い印象を残した事も事実でした。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー ガチャガチャ No-04 ランボル
G1 LAMBOR SIDESWIPE GACHAGACHA Vending Machine Toy 478

1985年、日本でもスタートした
トランスフォーマー』は瞬く間に大ヒットし、
数え切れない程の関連グッズが製作された。

メインとなる変形玩具以外の非変形フィギュア
他社製のライセンシーアイテム
食玩日用品キャラクターグッズ等、
TFの関連商品は数多く生み出されてきたのだ。

G1初期、日本国内のみで登場していた
ガチャガチャ用カプセルトイは、
チープトイでありながらも驚くべき完成度の高さと
独自性を有する稀なTFトイであった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマーZ  C-334 レースカーパトロールチーム スピンチェンジ
TRANSFORMERS Z C-334 SPIN CHANGE Race Car Patrol Team 213

G1当時からトランスフォーマーの数は
増え続け、完全な別キャラクターながらも
似た様なデザインや雰囲気を放つTF達は
度々登場してきた。

マスクと耳のアンテナがあれば、
おのずとコンボイに似てしまい、
ホットスポットスペースパンチタートラー等、
既にG1期の内にコンボイ顔
TF達が登場している。

同様の例は他のキャラクターにも当て嵌まり、
マイクロTF・スピンチェンジ
従来のTFを思わせるデザインや
カラーリングを持つTFの一人だ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマーZ  C-335 オフロードパトロールチーム ナットシェル
G1 NUTSHELL Transformers Z C335 Off Road Patrol Team 631

数十年を数えるトランスフォーマー
トイシリーズに共通する最重要事項は、
変形』である事は間違いない。

歴史を重ね、対象も幼児から年配者まで
膨れ上がったトランスフォーマーだけに、
TFシリーズの変形機構に
優劣は付けられないが、
稀に注目に値する『変形』が現れる。

G1期ミニサイズTF
マイクロトランスフォーマーの中でも、
ナットシェルはその様な
変形機構を持つ驚くべきトイであったのだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマーZ  C-335 オフロードパトロールチーム フリード
G1 FREED POWERTRAIN Off Road Patrol Team TRANSFORMERS Z C-335 MICROMASTERS 753

トラックに変形するトランスフォーマー
代表格は何を差し置いても
コンボイ司令官だが、その他の
トラック型TFは意外にマイナーである。

コンボイと同じくG1初期から存在していた
トラック型TFドラッグ
目立つ存在ではなかったが、
オレンジ&ブルーのカラーリングは
特徴的だった事もあり、
以降のトラック型TF
様々なTF達に受け継がれている。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマーZ  C-336 ジェットパトロールチーム ウィスパー
G1 WHISPER TRANSFORMERS Z Jet Patrol Team Air Strike Patrol 863

スパイ映画や戦争映画には、
CLASSIFIED』や『TOP SECRET』の
スタンプが押された
極秘ファイルが度々登場する。

機密扱いの新型兵器はいつの時代も存在し、
70年代から80年代当時、ステルス戦闘機は
謎に満ちた存在でもあったのだ。

その謎の新兵器ですら、トランスフォーマー
加えてしまう懐の深さが素晴らしい。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー コレクターズエディション 84 G1ゴーボッツ トレッズ
G1 GOBOTS TREDS TRANSFORMERS Collectors Edition 84 371

今や『ゴーボッツ』の名はトランスフォーマー
サブグループの一つとして定着するに至った
が、
元々はバンダイ製ロボット・トイである
マシンロボをアメリカに輸出した際の
シリーズ名であった。

チャレンジ・オブ・ザ・ゴーボッツ』の
タイトルでアニメ作品も製作され、
トランスフォーマーとはライバル関係にあったが、
販売元のトンカ社
ハズブロ社に買収された事により
ゴーボッツの運命は変わるのだった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマーZ  C-336 ジェットパトロールチーム スタークラウド
G1 MICROMASTER STAR CLOUD STORM CLOUD TRANSFORMERS Z 238

トランスフォーマーは戦う場所を選ばず、
あらゆる所が戦場となる。

荒野、市街地、ジャングル、
更に宇宙空間や遠い惑星、
果ては異次元世界まで戦いは広がって行く。

しかし限られた空間でのバトルも行われ、
四方を囲まれたプロレスのリングの上で
激闘を繰り広げたTF達が存在したのだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマーZ  C-334 レースカーパトロールチーム ロードハンドラー
G1 ROADHANDLER MICROMASTER TRANSFORMERS Z C-334 143

マイクロンが一つのジャンルとして
定着している現在では、極小サイズ
TFトイは然程珍しくないかもしれない。

しかしG1期では、それまでの
ミニボットカセットロンよりも小さく、
同等レベルの可動も備えた
マイクロトランスフォーマーの登場は、
注目に値する新機軸の
TFトイと言える物だった。

更に海外版コミックスでは
人間サイズ新型TFという設定が付加され、
小ささをプラス要素として
描いたアイディアが斬新であった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマーZ  C-334 レースカーパトロールチーム グロリアン
MICRO TRANSFORMERS GLORIAN G1 SWINDLER RACE CAR PATROL TEAM 200

世界各国で展開するトランスフォーマーは、
それ等の国々によって異なる名前を持つ事もある。

この方法をG1初期の1985年から導入していた
日本版トランスフォーマーでは、
海外名に囚われる事無く、日本人に
馴染み易い名称が取り入れられてきた。

海外名スウィンドラーマイクロマスター
マイクロトランスフォーマー・グロリアン
に改名され、日本独自の名前を持つ
TFの一人となった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー  C-56 バンブル
バンブル G1 BUMBLEBEE TRANSFORMERS MINIBOT C-56 BUMBLE 700

ハリウッド版実写映画の大成功により、
トランスフォーマーの代表キャラとして
確固たる地位を築いたバンブルビーだが、
その人気の高さはトランスフォーマー創成期
即ち1980年代のG1初期の頃から
既に確立されていた。

日本ではバンブルの名で馴染みがある
TFであり、1985年当時の日本でも
大人気キャラクターであった。

初期ミニボットの中で、
新たなアイテムナンバーを冠して
再販売されたのはバンブルのみである。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー  04 ランボル
04 G1 LAMBOR SIDESWIPE Original Toy G1 THE TRANSFORMERS 566

G1トランスフォーマーの初期メンバーの中でも、
ランボルは最前線で活躍する勇猛果敢な戦士だ。

赤いボディに相応しい熱い心を宿したランボルは、
高い戦闘技術と突出した腕力を武器に
戦場で持てる能力を最大限に発揮する。

赤、パワー、戦闘的というランボルのキャラクター性は、
変形モードのランボルギーニ・カウンタック
イメージその物であり、カーモードとロボットの個性が
完全に一致している好例のTFである。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog