十三非常階段
●ビーストウォーズ  C-8 タイガトロン
TIGATRON BEAST WARS Transformers 777

ござる」口調のサムライ戦士タイガトロンは、
元の海外版でも超然とした存在でした。
脇役ながら強い個性を示し、
BWの物語にも深く関わっていました。

チータスと全く同じ型にも拘わらず
別人に見えるのは、
カラーリングの妙による物に加え、
アニメでのキャラクター付けが
個性豊かに表現してくれた御蔭でしょう。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズ  C-10 エアラザー
AIRAZOR Beast Wars C-10 183

大空を翔る孤高の戦士エアラザーは、
ビーストウォーズ中盤から新メンバーとして
加わり、百発百中の射撃能力や
猛スピードで滑空してソニックブームすら
巻き起こす等の多彩な技を幾つも披露した。

デストロン側のブラックウィドーとのバランスで
女性戦士として登場した物と思われるが、
日本では男性に変更されるという、
TF全体を通しても異色の境遇を持つ
キャラクターでもあった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズ メタルス  D-43 メタルステラザウラー
METALS TERRORSAUR TERRORSAURER BEAST WARS METALS D-43 TRANSFORMERS 249

ビーストウォーズの新コンセプト、
トランスメタルス』は
TFでは久しく使用されていなかったメッキを
ふんだんに使い、鮮やかで美しい
仕上がりのロボットとなりました。

CGアニメでは製作側の都合で
メタルス化しないキャラクターも多く、
トイが発売されてもアニメに登場しない者も
多数存在しました。

前作ではレギュラーであったテラザウラー
その不運なキャラクターの一人です。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズⅡ  C-25 ギムレット
GIMLET C-25 BEAST WARS Ⅱ JOINTRON Transformers 858

夏の眩しい日差しを浴びながら捕りに興じ、
小川に佇んでザリガニ釣りを楽しみ、
日が落ちればカブトムシを捕まえに
樹木が生い茂る山へ分け入る。

そんな理想的な夏休みを過ごした
幼少時代があるならば、
それは至宝にも勝る貴重な経験である。

ジョイントロンは“日本的な夏”を連想させる
風情を持ち合わせたTFと言えよう。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズ ネオ  C-30 コラーダ
CORADA COLADA COHRADA Beast Wars NEO 946

ビーストウォーズ最後期のBWネオのトイは
非常に出来の良い物が多いです。
(TV放送は前後しましたが、BWネオ
メタルスよりも後の開発。)

初の手持ちマトリクスを内蔵したビッグコンボイ
超変形のマグマトロンは言うに及ばず、
新作のトイはギミック、変形共に
BWシリーズ中、最高峰と言って良いでしょう。

悔やまれるのはアニメの出来が
マズかったのか人気が出ず、
全てのアイテムが不良在庫となり、
投げ売りトイのイメージが
定着してしまった事です。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズ  D-3 ワスピーター
ワスピーター 初期版 ビーストウォーズ D-3 794

CG版ビーストウォーズは、
物語が進んで行くに連れて後付け設定が
次々に追加されて複雑難解になり、
BWメタルス』後半には
食傷気味と感じざるを得なかった。

その様な中でワスピーターに代表される
コメディリリーフの存在は救いとなっており、
お決まりのヤラレ振りが笑いを誘った。

不遇な扱いばかりが目立った
ワスピーターであるが、
最初期の『ビーストウォーズ』から
ビーストマシーンズ』の最終話まで
活躍の場を与えられていた、影の主人公と
言えなくもないキャラクターであった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズⅡ  C-24 モーターアーム
MORTORARM JOINTRON Beast Wars ⅡC-24 718

歴代のTFアニメを通して脇役や
合体ロボのパーツになるメンバーが
なおざりにされる事が多い中、
ビーストウォーズⅡ』は
登場する全キャラクターの個性を
明確に表現出来ていたシリーズでした。

子供向け番組としてギャグ要素も多く見られ、
このジョイントロンのメンバーは
悪ノリの極みとも言うべき個性派揃いで、
「いいぞ、もっとやれ!」と
エールを贈りたくなる面々でした。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズ ネオ  D-37 ハードヘッド
HARD HEAD Beast Wars NEO D-37 Transformers 646

個性的なキャラクターを数々生み出した
日本版ビーストウォーズ

海外CG版BWも充分個性的だったが、
日本版は圧倒的に数で勝っており、
その全てにキャラ付けを行った事は称賛したい。

ビーストウォーズネオに関して
残念な所を挙げれば、脇役キャラクターの
登場回数が極めて少なかった事だった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズ  C-3 チータス
チータス ビーストウォーズ 484

CG版ビーストウォーズは、コンボイ率いる
小部隊の波瀾に満ちた冒険譚だ。

CG製作の都合、キャラクター数は
限られていたが、逆にメンバーの
一人一人のキャラクター性を掘り下げて
描いていた事は評価に値する。

コンボイを中心にストーリーが展開する一方で、
ビーストウォーズからメタルス
ビーストマシーンズへと発展した
長期のストーリーは、そのままチータス
成長物語と言える物でもあった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズⅡ  D-19 オートジェッター
AUTOJETTER BEAST WARS Second D-19 Autorollers 121

手押し式自動変形が売り物のオートローラーズ
元々G2期に開発された物で、
日本ではビーストウォーズⅡで初出となった。

全4種の中でも唯一、ジェット機モチーフの
オートジェッターは、特別感を
醸し出しており興味を引く存在であった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●BEAST MACHINES  ハンマーストライク
HAMMERSTRIKE BEAST MACHINES Battle For The Spark 054

ビーストマシーンズのトイは、
有機体と機械が融合したかの様な
独特のセンスを感じさせる
特異な姿に定評がある。

アメリカに於けるTVアニメの人気不信の
影響でトイは日本での発売が見送られ、
影の薄いキャラクターが多数を占める物の、
その前衛的とも言える
優れたデザインのトイは瞠目に値する。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズⅡ  D-21 テラマンダー
Terrormander Space Pirate Seacons 931

リアルビーストが全盛であり
人気を独占していた1998年当時、
G1TFが新たにリペイントされて
復活するとは予想外の展開であった。

更に劇中では各々が活躍の場を与えられ、
没個性にならなかった事が
新生シーコンズの面々を
好印象な物にしていた事は間違いない。

このテラマンダー宇宙海賊
若手の切れ者として強い個性を示した。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズ リターンズ  BR-14 ビーコンオブシディアン
OBSIDIAN Vehicons Beast Wars Returns 540

人気低迷が続き、アメリカに於ける
トランスフォーマーを存続の危機に追いやった
ビーストマシーンズ』は日本での導入は
見送られ、TV放送は全く望めませんでした。

それから4年、トランスフォーマー生誕20周年
という理由で梃入れを行ったのかもしれません、
モバイル放送という枠組み内ではあった物の
BMは『ビーストウォーズ リターンズ』として
日本国内での放送に漕ぎ着けたのです。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズⅡ  C-23 DJ
DJ BEAST WARS Ⅱ C-23 JOINTRON 751

元々デストロン側の悪役として開発され、
設定ではプレダコンズの最高幹部として
位置付けられた三人のTFは、
日本では正義側の別キャラにされた事に加え、
TF史上稀に見る能天気な
パーティー集団と化しました。

色が変われば別人”は
トランスフォーマーの不文律ですが、
これほどイメージを覆した例はあまり無く、
日本版スタッフのアイディアと
懐の深さが窺えます。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストウォーズⅡ  D-15 スラスト
BEAST WARS Ⅱ THRUST Transformers 576

ビーストウォーズⅡスタート時の
最初期に発売されたトイは
新規開発の物は一つも無かったのだが、
日本未発売アイテムが多かった事もあり、
見劣りする印象は受けなかった。

当時はビーストTF全盛であった背景もあり、
日本未発売トイの中には日本導入が難しいと
思われていたアイテムも含まれており、
アメリカのショップ限定で展開した
マシーンウォーズのアイテムが、
装いも新たにBWⅡのラインナップに
加えられた事は嬉しいアイテム選定であった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog