十三非常階段
●トランスフォーマー マイクロンブースター Ver.4 ・ロックブレード ・リフューザー
ROCKBLADE REFUSER MICRON BOOSTER Ver.4 TRANSFORMERS MINI-CON 884

トランスフォーマーハリウッド実写映画化
大いに盛り上がりを見せ、その影響は
TFの玩具シリーズを活気溢れる物とした。

映画シリーズを筆頭に、復刻版
トランスフォーマー アンコール』や
スポーツレーベル』、『ミュージックレーベル』、
ビーストウォーズ テレもちゃ』等、
2007年は映画公開に合わせ、幾多もの
TFシリーズが導入された年でもあった。

そして最も予想外で驚きを禁じ得なかったのは、
長らく表舞台から姿を消していた
マイクロンブースター』が復活し、
店頭に並んだ事である。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー リベンジ  限定マイクロン ガーディアンスカイ
Guardian Sky Exclusive Micron TRANSFORMERS REVENGE 296

5年に及ぶハリウッド実写映画三作
玩具展開が一段落を迎え、振り返ってみると、
最高潮の盛り上がりを見せた玩具シリーズは
第二作目トランスフォーマー リベンジ
であった様に感じる。

新たなTFスタイルを提示した
2007年の映画版TFを基盤とし、
2009年に登場した新作トイは
驚愕のクオリティを備えていた。

そのTFリベンジ・トイの発売に合わせて
行われたマイクロン配布キャンペーンも、
更に華を添える役割を果たしていた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー マイクロンブースター Ver.1 ・マイル ・ホバー ・ソーラー
TF MICRON BOOSTER Ver.1 MILE HOVER SOLAR 669

2002年に初登場したミニコン
及びマイクロンは、実験的で
大胆な変形や遊べるギミックを
搭載する等の拘りを感じさせる、
ただ小さいだけのTFではなかった。

小サイズでアイテム数も
瞬く間に増加されたマイクロン
リペイント版も数多く登場し、
コレクション性の高いジャンルとなった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー マイクロンブースター  Vol.2 12 フィルター
TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Vol.2 12 FILTER 622

マイクロンブースター』の登場により、
魅力的なリカラー版マイクロン
数多く増員され事は、コレクター気質の
ファンを大いに歓喜させた事だろう。

ミニサイズにも拘わらず高い完成度を誇り、
更に非常に安価なトイシリーズという事も
相俟って、同型の物でも集めたいという
欲求が湧き上がるのだった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー マイクロンブースター  Ver.3 7 ソケット
SOCKET MICRON BOOSTER Ver.3 7 TRANSFORMERS 755

TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.3 7 SOCKET 755

四半世紀を優に超える歴史を持つ
トランスフォーマーの中でも、
最も取り扱われる機会が多いのは、
全ての基本となったG1トランスフォーマー
その派生シリーズである事は
疑いの余地は無い。

しかし比較的、
新型トランスフォーマーとばかり
認識していた小型TFマイクロンも、
既に十数年の歴史があるのだ。

マイクロンの優れた点は、
本編シリーズが終了した後も
小サイズTFのカテゴリーとして
存続し続けた事である。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー マイクロンブースター  Ver.3 4 クランプ
CLAMP MICRON TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.3 4 5464

大型トランスフォーマーとの連動を
考慮して開発されたマイクロンは、
大型TFとセットの『パートナーマイクロン
が数多く存在する。

これ等のパートナーマイクロン
単体で販売される事が比較的少ないのは、
セットの大型TFと金型を
共有している為と思われる。

2005年の『トランスフォーマー ギャラクシーフォース』では
大型TFリデコ版が登場した事で、
それに合わせてパートナーマイクロンも製造され、
更にセットではなくマイクロン単体で
販売するという特殊なケースとなっている。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー マイクロンブースター  Ver.4 5 ナッシュティース
GNASHTEETH TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.4 5 ナッシュティース 246

正義のサイバトロン悪のデストロンの対決は、
トランスフォーマー創成期からの
永遠のテーマだ。

本来、どちらの軍団にも属さない第三勢力として
登場したマイクロンも、数年足らずで
サイバトロンデストロン
組み込まれる事になる。

海外版TFシリーズで導入された
マイクロンの軍団分けは日本でも取り入れられ、
マイクロンブースターVer.4では
満を持してデストロン軍団所属
マイクロン達が登場した。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー マイクロンブースター  Ver.4 6 レプティクス
REPTIX MICRON BOOSTER Ver.4 6 TRANSFORMERS 649

恐竜型トランスフォーマーG1期の初期から
存在し、ダイノボットを筆頭に
様々なタイプが登場してきた。

ビーストウォーズ以降は数年毎に
恐竜型TFが製作されており、
その中でも翼竜型のTFプテラノドン
変形する事が定番であった。

2000年代後半には
最小サイズのミニコン(マイクロン)にも
恐竜を導入する運びとなったが、
他の例に漏れず、マイクロンでも翼竜タイプは
プテラノドンをモチーフにしている。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー マイクロンブースター  Ver.4 7 アイアンランジ
TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.4 7 IRONLUNGE 022

トランスフォーマーのカテゴリーの
一つとして定着した『マイクロン』は、
多種多様な変形モードが取り入れられているが、
登場以来ビークルモードに変形する事が常となっていた。

ビーストモードに変形するマイクロン
2000年代後半に漸く登場したが、
その数はマイクロン全体に対し僅かだった為、
貴重な存在でもあった。

更に恐竜型マイクロンは3タイプしか製作されなかった事もあり、
日本でも『マイクロンブースター』のアイテムとして発売された事は、
マイクロンをコレクションしているファンを大いに歓喜させた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー マイクロンブースター  Ver.3 8 プライヤー
TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Ver.3 8 PLIER 879

小型トランスフォーマーマイクロン
フィーチャーしたシリーズの
トランスフォーマー マイクロン伝説』では
大量のマイクロンが登場したが、
その後のシリーズではリカラー版が多くを占め、
新作マイクロンが製作される事は
稀なケースという状況が続いていた。

新規型マイクロンの登場は
マイクロン・コレクターにとって朗報であり、
その新型マイクロンリカラー版を早くも導入した
マイクロンブースターVer.3がファンの心を掴み、
人気アイテムとなる事は必然であった。



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー マイクロンブースター  Ver.0 1 ロッド
ROD MICRON BOOSTER トランスフォーマー マイクロンブースター Ver.0 1 ロッド 951

最小サイズのTFトイであるマイクロンは、
G1期マイクロトランスフォーマーと同様に
チームで纏める大型商品とセットという
販売スタイルで導入された。

セット」である事が大前提であった
マイクロンを単体で販売したのが
マイクロンブースター』であり、
その第一弾は『Ver.0』という
特殊なシリーズナンバーが与えられた
テスト販売的なアイテムであった。

それ故に全国で一般発売されず、
トランスフォーマー ステーション』限定という
限られた店舗でのみ販売された為、
TFファンは奔走する事を余儀なくされた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー マイクロンブースター  Ver.3 6 レンチ
MICRON BOOSTER Ver.3 6 WRENCH TRANSFORMERS 176

3体セットで発売されていた
マイクロン
のリカラー版を
単体で販売するスタイルを導入した
マイクロンブースターには、
大型トランスフォーマーとセットになっていた
パートナーマイクロン
のリカラー版も
加えられており、バラエティに富ん
ラインナップが特徴だ。

マイクロンブースター第4弾
マイクロンブースターVer.3では、
パートナーマイクロンを基にした
リカラーTFが数多く登場した。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー マイクロンブースター  Vol.2 4 エフェクト
EFFECT MICRON TRANSFORMERS MICRON BOOSTER Vol.2 4 MINI-CON 329

色彩が与える影響は大きな物であり、
これはトランスフォーマーも同様で、
明るいカラーはサイバトロンによく似合い、
ダークカラーは悪のデストロンに相応しい。

全てのキャラクターがこれに
当て嵌まる訳ではないが、
配色を変更する事で受けるイメージは
大幅に変わる物だ。

マイクロンブースター
既出アイテムのリカラー版の為、
基としている同型マイクロンとは
全く異なるカラーリングを採用し、
新たなイメージと魅力を引き出す事に
成功しているシリーズである。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー マイクロンブースター  Vol.2 5 シーカー
SEEKER MICRON TRANSFORMERS MICRON BOOSTER VOL.2 No.5 484

2007年のハリウッド実写映画以前の
日本に於けるトランスフォーマーは、
G1初期から20年以上も
日本独自の名称が使用され続けてきた。

オリジナルの英語名称では日本人、
特に対象としている子供にとっては言い難く
覚え辛い為で、各キャラクターや軍団名、
サブグループ名も日本独自の物に
変更されている。

日本名が使用される事が常であった時期に
登場したマイクロンシーカーは、
日本オリジナルTFであるにも拘わらず、
海外版のサブグループ名を有する
稀有な存在であった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー マイクロンブースター  Vol.2 6 ブリッツ
BLITS TRANSFORMERS MICRON BOOSTER VOL.2 776

小型TFマイクロンは数多のリカラー版が
製作され、日本、海外共に大量の
マイクロンミニコンが登場する事となった。

日本独自の『マイクロンブースター』は
2003年から展開が開始され、
3体チームが主流であったマイクロン
単体で販売した事が特徴である。

既存のマイクロンとは全く異なるカラーリングと、
新たな名称を与えられた新キャラクターとして
設定されている事も魅力の一つであった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog