十三非常階段
●トランスフォーマー ダークサイド・ムーン サイバーバース CV-24 オートボット ガズル
Autobot Guzzle Transformers DOTM Cyberverse 577

G1キャラクターを下敷きにしたTFが
多数を占めるムービーシリーズだが、
映画未登場の者はマイナーな
キャラクターも多く、渋い選択に痺れる。

基となったG1中期に発売された
スパーカボットガズルは、
当時、活躍の場が与えられていたのは
本国アメリカではなくイギリスの
UK版マーベルコミックだったという背景もあり、
無名中の無名キャラとも呼べる存在であった。

その様なマイナーなキャラクターが、
ムービー版TF特有のスタイリッシュな
姿を持って復活した事を称賛したい。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TF ダークサイド・ムーン サイバーバース CV-27 ディセプティコン クロウバー
TF Movie Cyberverse Crowbar 728

ハイウェイを全力疾走で襲い来る
ドレッズの奇襲攻撃は、
トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』の
中でも印象に残る迫力のシーンであった。

実際に撮影された車の転倒や爆発と、
高度に進化したCGとの合成、
更に3D映画として立体的に見せる
アングルの工夫等、このシーンだけでも
映画の技術が日進月歩している事を実感した。

それ等の名シーンに登場するTFが、
トイとして手軽に入手出来る事も
ファンにとっては嬉しい限りであり、
更に映画を楽しむきっかけにもなるのだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ダークサイド・ムーン  DD-10 スカイワープ
SKYWARP TRANSFORMERS DARK SIDE MOON DD-10 JETRON 394

トランスフォーマーはワールドワイドで
展開するシリーズだけに、各国、各地域によって
発売されるラインナップが異なっている。

欧米各国とアジア地域との差が顕著だが、
日本という一国のみでしか発売されない
アイテムが多い事も特徴の一つだ。

同じムービーシリーズでも海外と日本では
ラインナップが大幅に異なり、
ダークサイド・ムーン版スカイワープの様な
日本オリジナルアイテムも登場した。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー EZコレクションリアル ➃ オートボット スプリンガー リアルカラーVer.
AUTOBOT SPRINGER Real Color Version TRANSFORMERS EZ COLLECTION REAL 4 122

様々なロボットが戦いを繰り広げる
実写映画版トランスフォーマーでは、
そのロボットであるTFと戦闘を行う
軍隊の兵器も数多く登場する。

トランスフォーマー同士の戦いだけではなく、
地球人の兵士達が参戦する事により、
戦闘シーンは現実味を帯びたリアルな物となる。

現役機であるオスプレイは映画劇中でも
兵員輸送に用いられ、第三作目の
トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』では
作戦上、重要な役目を担い、
大活躍を見せた機体である。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー EZコレクションリアル  ➂ ラチェット リアルカラーVer.
RATCHET Real Color Version TRANSFORMERS EZ COLLECTION REAL 3 Green Ratchet 490

G1初期からのTFの一人で軍医として
活躍の場も多く与えられていたラチェットは、
実写映画に於いてもレギュラーメンバーに
抜擢され、G1ラチェットと同様の
キャラクター性で活躍した。

大きく印象が変わった面はボディカラーであり、
G1ラチェットに対し、
映画版グリーンという、
従来のラチェットのイメージを
払拭するカラーリングであった。

そのグリーンにも様々なバリエーションがあり、
基本は黄緑色だが、
EZコレクションリアルで登場した
濃いグリーンのタイプ
新鮮なイメージを放っていた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー クロニクル EZコレクション 01 オプティマスプライム
TRANSFORMERS CHRONICLE EZ Collection 01 Movie G1 Color OPTIMUS PRIME 350

トランスフォーマー
には次の様な句がある。
あかいボディーのコンボイは サイバトロンのしれいかん

これは昭和時代のG1当時に発売された
かるた」の読み札に記載された一文だが、
ここで重要となるのは、コンボイ(オプティマスプライム)の
ボディカラーは「」という特徴を明確に記している事である。

時代は流れても初代コンボイの『赤いボディ』という伝統は受け継がれ、
異なるTFシリーズの様々なコンボイ(オプティマスプライム)も
G1カラーVer.が製作される事が定番となっている。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ダークサイド・ムーン  サイバーバース CV-06 アイアンハイド
TRANSFORMERS DARKSIDE MOON CYBERVERSE CV-06 IRONHIDE 315

TFムービーシリーズに於けるメインキャラクターの一人として、
アイアンハイド実写映画第一作目から大いに活躍し、
トイも小サイズのEZコレクションから大型のリーダークラスまで
多種多様なアイアンハイドのアイテムが登場し続けてきた。

2011年の新規シリーズ・トイである
サイバーバースではコマンダークラスで登場し、
約10cm高のサイズながらも非常にリアルな造形を誇り、
プレイバリューも高い優れたトイに仕上がっていた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ダークサイド・ムーン トランスフォーマートミカ ラッピングトレーラー
TRANSFORMERS TOMICA WRAPPING TRAILER TRANSFORMERS DARK SIDE MOON 654

ミニカートイのトミカと様々なアニメや
映画作品とコラボレーションした
ドリームトミカ』が本格始動したのは、
2012年末からであった。

その一年以上前に登場したのが、
同様のコンセプトを持つシリーズの
トランスフォーマートミカ』であり、
実写映画第三作目となった
トランスフォーマー ダ-クサイド・ムーン
に合わせた企画だった。

映画に登場する
オプティマストレーラートラック
バンブルビーカマロの他、
トイオリジナルのトランスフォーマートミカ
加わり盛り上がりを見せた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ダークサイド・ムーン  DA-23 サンドストーム & デドクリフ上等兵
TRANSFORMERS DARKSIDE MOON Human Alliance Basic DA-23 SANDSTORM & Private DEDCLIFF 088

2009年に初登場した『ヒューマンアライアンス』シリーズは、
TFトイに人間フィギュアを加えた、ロボットとフィギュアの連動が楽しめるシリーズだ。

従来のヒューマンアライアンスはボイジャークラス並の大型トイであったが、
2011年に新登場した小型ビークルをモチーフにしたラインは、
ヒューマンアライアンス・ベーシックと呼称されて人気を博し、
予想を超える数多くのトイが発売されるに至った。



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ダークサイド・ムーン  サイバーバース CV-11 クランクケース
CRANKCASE Transformers Darkside Moon CYBERVERSE CV-11 DREADS 888

トランスフォーマー ダークサイド・ムーン
で初登場した新カテゴリーのサイバーバースは、
既存のEZコレクションと同サイズながらも、
妥協の無いリアルな造形が魅力のトイであった。

更にTFダークサイド・ムーンに登場する
新キャラクターも多数ラインナップされており、
映画公開に合わせた発売時期も相俟って、
サイバーバースに対する期待は
否が応でも高まった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ダークサイド・ムーン  サイバーバース CV-15 ブラックアウト
Transformers Dark Of The Moon CYBERVERSE CV-15 BLACKOUT 884

巨大な戦闘ヘリに変形するブラックアウトは、
2007年の実写映画第一作目で劇的な変形シーンを披露し、
実写版トランスフォーマーの面白さを
強烈に示してくれた最初のTFと言えよう。

強い印象を残したブラックアウトの新作トイが
トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』シリーズでも
登場した事は大変喜ばしく、更に新機軸のサイバーバース
組み込まれている事に期待は大きく膨らんだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ダークサイド・ムーン  サイバーバース CV-23 フラック
TF DARK OF THE MOON CYBERVERSE CV-23 FLAK G_0483

ムービーシリーズのカテゴリーの一つ『サイバーバース』は、
小サイズながらロボットの優れたデザイン性と
変形モチーフのリアルさを兼ね備えている。

500円のEZコレクションと同サイズのリージョンクラスにも
この事は当て嵌まり、ファンを大いに楽しませてくれた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ダークサイド・ムーン  DA-12 エアレイド
Air Raid TF Dark Side Moon DA-12 Transformers Dark Of The Moon 124

TFムービーシリーズハリウッド実写映画から
派生したラインだけに、海外主導のアイテムが
ほとんどを占めるという特徴があった。

しかし映画第三作目
トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』では、
日本限定TFが数多く登場するという、
意外な展開を見せた。

エアレイド日本版ダークサイド・ムーン
トイシリーズ第一弾に組み込まれて発売され、
海外とは異なる日本独自の商品展開という事を
知らしめた代表的な日本オリジナルTFである。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ダークサイド・ムーン  DD-06 ディセプティコン ボルテックス
VORTEX DD-06 Transformers Dark Side Moon 710

トランスフォーマーはリカラー版を
別キャラクターとする事が多いが、
頭部を新規造形の物に
差し替えるパターンも増加している。

日本限定で発売されたボルテックスも、
既出アイテムのリデコレーション版ながら、
新規の頭部により全く異なる印象を
引き出す事に成功している。

下敷きとなったG1コンバットロン
ボルターを思わせるデザインも、
ファンの期待を裏切っておらず好感が持てる。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー クロニクル EZコレクション 01 メガトロン(MOVIE)
transformers chronicle EZ collection movie megatron MGP2765

同形の型でカラーのみ異なるアイテムに魅力を感じるか否か、
この疑問の答えは意見の分かれる所であろう。

リペイントが常套手段として定着しているトランスフォーマーは、
シリーズ創成期からこの手法が取り入れられ、現在に至っている。

色が違うだけなら欲しくない”と考える事は
至って真っ当な思考である。

同じ形だからこそ別カラーが欲しい”と感じる様になったら、
最早抜け出せないほど深みに嵌っている証拠だ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog