十三非常階段
●トランスフォーマー ジェネレーションズ  TG-15 イジェクト
EJECT Cassette Bot TRANSFORMERS GENERATIONS TG-15 AUTOBOT DATA DISC SET 397

トランスフォーマーでは姿は同じでも、
異なるカラーリングで別キャラクターに
設定されている者が数多く存在する。

カセットボットイジェクト
その一人であるが、アニメやコミックスでの
活躍が極僅かだった事もあり、
同形のリワインドに比べると
非常にマイナーなTFと言えるだろう。

しかしリワインドがリメイクされれば、
イジェクトも欲するのがファンの心理であり、
存在感が薄いながらも居なければ物足りない
キャラクターがイジェクトなのだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ジェネレーションズ  誌上限定 ゴーシューター
GOSHOOTER TRANSFORMERS GENERATIONS Exclusive Toy 647

ハリウッド映画の成功により、
日本でも漸く認知度が上がった
トランスフォーマーシリーズは、
それまで極稀に発行される程度であった
TF玩具の資料本が、毎年の様に
発売される恵まれた環境になった。

ムック『トランスフォーマー ジェネレーション
では毎回、誌上限定トイを用意しており、
既存トイのリカラー版ながらも
新規ストーリー設定やコミックも掲載して
ファンを楽しませてくれる。

その様な誌上限定トイの中でも
ゴーシューターは非常に完成度が高く、
拘りのカラーリングを始め、ファンも納得の
優れたトイに仕上がっている。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ジェネレーションズ  TG-16 ラットバット
TRANSFORMERS GENERATIONS TG-16 DECEPTICON DATA DISC SET  FOC RATBAT 3826

海外では2体セットで、日本では4体セットで発売された
データディスクに変形する新カセットロンの中でも、
リデコアイテムであり、アニマル型TFでもあるラットバットは、
他に比べると些かマイナーで目立たない雰囲気が濃厚だった。

然れども、単なるリデコ品では終わらず、予想を超える新規パーツと
G1トイを考慮したマニアックなアイディアも盛り込まれており、
子供のみならずTFマニアも満足させてくれる優れたトイに仕上がっている。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ジェネレーションズ  TG-03 ディセプティコン ブラストオフ
TRANSFORMERS GENERATIONS TG-03 DECEPTICON BLAST OFF 678

スペースシャトルに変形するトランスフォーマーは数あれど、
やはり有名なのは最初に登場したスペースシャトル型TFで、
輸送参謀の肩書きに相応しい活躍を残したアストロトレインと言えるだろう。

輸送に関してはアストロトレインに軍配が上がるが、
スペースシャトルを戦闘兵器として描写した代表格はブラストオフだ。

仲間を輸送する事も稀にあるブラストオフだが、
ビークルモードでも戦いで活躍していたイメージの方が強く、
戦闘スペースシャトル」というインパクトのある存在となった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ジェネレーションズ  TG-15 ラムホーン
RAMHORN TG-15 AUTOBOT DATA DISC SET TRANSFORMERS GENERATIONS 070

カセット型トランスフォーマーは、
ミクロチェンジシリーズを起源とする
サウンドウェーブカセットロンが元祖であり、
アニメ等で活躍の場も多かった事に対し、
ライバルであるカセットボットの面々は
マイナーな存在として
リメイクされる機会が少ない。

TFジェネレーションズ
ディスク型トイで登場したラムホーンは、
G1以来初のリメイク版となった事は
喜ばしいが、日本版では
間違った状態で製品化され、
そのまま“仕様”となってしまった稀な例である。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ジェネレーションズ  誌上限定 剛 秀太
剛 秀太 GO SHUTA TRANSFORMERS GENERATIONS Exclusive 306

金型は同じでもカラーリングの変更によって、
別のキャラクターを再現する手法を多用する
トランスフォーマー』シリーズだが、
稀に予想も出来なかったアイテムが
登場する事がある。

ジェットロンネメシスプライム等の
リカラーキャラは定番となっており、
誰もが思い付く例だが、
ムック『トランスフォーマー ジェネレーション』の
誌上限定アイテム・ゴーシューター
に付属する
剛 秀太は予想外であった。

メインのパトカーに変形するゴーシューターよりも、
ミニサイズTF剛 秀太のインパクトの方が
大きく、全く関連性が無い様なTFトイ
素体としている柔軟な発想は、
一般人には無い驚くべき物だった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ジェネレーションズ  TG-15 オートボット リワインド
AUTOBOT REWIND TG-15 AUTOBOT DATA DISC SET TRANSFORMERS GENERATIONS 793

変形システムが既存のTFトイと同じ
リデコレーション版は、新鮮なイメージは
完全新作トイには及ばない物の、
注視してみると新規の要素が
意外に多い事に気付く。

カラーリングは元より、各部パーツの
差し替え等、リデコトイと言えども
開発には力が入っている事が分かる。

リカラー版、リデコ版であろうとも、
侮る事が出来ない
完成度の高いアイテムが揃っている所が
TFシリーズの凄さだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ジェネレーションズ  誌上限定 ダニエル
誌上限定 ダニエル トランスフォーマー ジェネレーションズ TFジェネレーション2014 VOL.1 657

トランスフォーマーはリカラーアイテムが
豊富なシリーズの為、
スタースクリームのトイが登場すれば、
スカイワープサンダークラッカー
製作されるであろうという様に、
素人でもある程度の予測が可能だ。

しかしながら誌上限定アイテムとして登場した
ショウキは予想を超えており、更に驚いたのは
G1時代の少年キャラクター・ダニエルをパートナーとし、
その素体にはPCCミニコンのリカラー版を
起用するアイディアは目を見張る物であった。

ファンの予想を大きく上回る発想を
持ち合わせているからこそプロなのだろう、
誰も思い付かなかったTFトイの登場こそ、
ファンが求めている物なのだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ジェネレーションズ  TG-16 ランブル
RUMBLE G1 TRANSFORMERS GENERATIONS TG-16 DECEPTICON DATA DISC SET 512

あらゆる電子機器は時代と共に
発展していく物だが、特に記録媒体は
数十年の間に飛躍的に進歩した。

トランスフォーマーに於いても、
元々カセットテープをモチーフとしていた
カセットロンを、現代的な
データディスクに変更した事も頷ける。

トランスフォーマーではカセット型TF
シリーズ創生期から浸透しており、
リメイク版でもカセットテープに変形する事が
主流な為、30年近くもディスク型TF
登場しなかった事に驚かされる。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー  限定クリアマイクロン マイクロン ジョルト
ジョルト クリアマイクロン キャンペーン トランスフォーマー ロストエイジ 992

トランスフォーマー ロストエイジ』の
トイシリーズ第一弾の発売に合わせて行われた
限定マイクロン配布キャンペーンは、
一気に4タイプのプレミアムが登場し、
ファンの心を攫った。

ムービーアドバンスドシリーズ第一弾
15種類も発売された為、各店舗毎に用意された
限定マイクロンをコンプリートする意欲も湧き、
新作トイとプレミアムを求めて
数々の店舗を行脚するのであった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー  限定マイクロン アストロトレイン 
TRANSFORMERS LOST AGE MICRON ASTROTRAIN 6706

実写映画第四作目『トランスフォーマー ロストエイジ』を主軸に、
2014年のトランスフォーマーは様々なプロモーションが行われている。

限定マイクロン配布キャンペーンも頻繁に実施され、
マイクロン版アストロトレインをプレミアムとしたキャンペーンは、
前回行われたキャンペーンから一ヶ月も経たない内に催された。

映画公開やイベントのトランスフォーマー博の開催、
更に様々なショップで、ここぞとばかりに限定品の発売や
キャンペーンが実施されており、2014年の夏はTFファンにとって
東奔西走を余儀なくされる忙しい月間となった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー  限定クリアマイクロン ビートチョップ
ビートチョップ クリアマイクロン キャンペーン トランスフォーマー ビートラス 827

販売促進の為に実施される
キャンペーンで配布される限定トイにも、
トランスフォーマー』の
奥深さを垣間見る事が出来る。

G1初期トランスフォーマーは、
タカラダイアクロンミクロマンの変形トイ
を混成させたアイテムが基本となっていたが、
タカラ以外の日本製玩具シリーズを
起源とする物も存在する。

その中の一つ『機甲虫隊ビートラス』を
意識したアイテムであるビートチョップは、
限定マイクロンながらも
非常にマニアックなTFである。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー  限定クリアマイクロン シルバーローラー
TRANSFORMERS LOST AGE Clear Micron SILVER ROLLER 1785

コンボイ(オプティマスプライム)はトランスフォーマー
代表キャラクターであり、毎年の様にリメイクトイが登場し、
TFファンでなくとも誰もが知る世界的なロボットである。

しかしながら、コンボイのパートナーとも言うべきローラーの存在は
忘れられがちであった事は否めないであろう。

様々なリメイクトイが登場する中、ローラーの新バージョンが
製作される機会も多くなり、ローラーを認知させる
きっかけとなっている事は好ましい傾向だ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー  限定クリアマイクロン バズソー
TRANSFORMERS LOST AGE MICRON BUZZ SAW 62

トランスフォーマーの各ムービーシリーズのスタート時には、
大量のトイが一気に発売される事が定番と化しており、
数々の魅力的なアイテムに目を奪われる。

更にプレミアムの配布キャンペーンも同時に行われる為、
新作トイを心待ちにしていたファンには二重に嬉しい状況となる。

プレミアムを配る各店舗を行脚し、
コレクションを充実させていく事は、
トランスフォーマーを愛好する者の喜びでもあるのだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ジェネレーションズ  限定品 サンダークラッカー
THUNDERCRACKER G1 Transformers GENERATIONS 2014 Exclusive 163

アレンジを施しながらもG1トランスフォーマー
が基になっていると一目で分かる
リメイクTFは、往年のファンのみならず
幅広い世代のTFファンに指示される
注目に値するシリーズだ。

トランスフォーマーの長い歴史を
知るには恰好のアイテムであり、
更には最新の技術で製作されている
精度の高い仕様も魅力となっている。

サンダークラッカーG1初期からの
歴史あるキャラクターの為、限定品と言えど、
無事日本でも発売された事は嬉しい限りである。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog