十三非常階段
●トランスフォーマー ロストエイジ  AD-24 ストレイフ
TRANSFORMERS LOST AGE Movie Advanced Series AD-24 DINOBOT STRAFE 425

長期に継続している『トランスフォーマー』シリーズは、
商標登録が維持出来ない等の理由により
従来の名称が変更されてしまう場合もある。

プテラノドン型ダイノボットであるストレイフの本来の名称は、
スワープ』である事は周知の事実であり、
多くのファンは『スワープ』として認識していると思われる。

キャラクターデザインやトイの特徴等もスワープ
多分に意識した物となっており、数十年にも及ぶ
トランスフォーマーの伝統が受け継がれている事が分かる。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマーGo!  G-24 ビークール ジンブ
JINBU G-24 Be Cool TRANSFORMERS Go!Bot Shots 119

独自の世界観を持つ『びっくりワールド
に住するビークール達は、
既存のトランスフォーマーとは
接点を持たない特殊なTFであった。

しかしビークール版侍チームの面々は、
ビークールでありながらも
トランスフォーマーGo!』の
ソードボット侍チーム
と同一人物という
特殊な位置付けの存在である。

これにより従来のトランスフォーマーの世界と、
ビークールびっくりワールド
繋ぐ重要なキャラクターとなっている。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ロストエイジ  ポテロング×トランスフォーマー
ポテロング×トランスフォーマー トランスフォーマー ロストエイジ コラボ 052

トランスフォーマー』を強力に
アピールしている2014年は、
数々の企業とのコラボレーションを行い、
それまでのトランスフォーマーでは
有り得なかった様なアイテムも登場した。

1980年代からトランスフォーマー
食玩を発売しているカバヤや、
タカラトミーの子会社タカラトミーアーツ
食玩
は存在していた物の、
森永製菓、しかもポテロングとコラボするとは
思い掛けない展開であった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ロストエイジ  ロストエイジシリーズ LA-09 ロックダウン
トランスフォーマー ロストエイジ ロストエイジシリーズ LA-09 ロックダウン 952

ムービー版トランスフォーマーには、作品毎に核となる強敵のディセプティコンが登場している。

第一作目ではメガトロン、二作目はザ・フォールン、三作目はショックウェーブ
そして第四作目となる『トランスフォーマー ロストエイジ』ではロックダウンである。

トランスフォーマー アニメイテッド』に於いて創造された、
比較的新しいキャラクターの起用は多くのファンを驚かせたが、
劇中の鬼神の如き暴れ振りは、更に予想を超えていた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー  限定マイクロン アストロトレイン 
TRANSFORMERS LOST AGE MICRON ASTROTRAIN 6706

実写映画第四作目『トランスフォーマー ロストエイジ』を主軸に、
2014年のトランスフォーマーは様々なプロモーションが行われている。

限定マイクロン配布キャンペーンも頻繁に実施され、
マイクロン版アストロトレインをプレミアムとしたキャンペーンは、
前回行われたキャンペーンから一ヶ月も経たない内に催された。

映画公開やイベントのトランスフォーマー博の開催、
更に様々なショップで、ここぞとばかりに限定品の発売や
キャンペーンが実施されており、2014年の夏はTFファンにとって
東奔西走を余儀なくされる忙しい月間となった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー博 トランスフォーマーエンブレムクッキー ダークエネルゴン
トランスフォーマー博 トランスフォーマーエンブレムクッキー ダークエネルゴン 545

買わずに後悔するくらいなら、
買ってから後悔しろ。


これは、世代、性別、年季を問わず、
全てのトランスフォーマーファン
心に留めておくべき基本的な心構えであり、
度々使用されてきた言葉だ。

時に、足元を見た理不尽とも思える
価格設定のアイテムが発売される事もあるが、
それに敢えて挑む
愚直なチャレンジ精神も必要なのだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TRANSFORMERS DINOBOTS  ダイノトロン
DINOTRON BEAST MACHINES DINOBOTS TRANSFORMERS BW 856

恐竜型トランスフォーマー
構成されるダイノボット部隊は、
G1期初代ダイノボットだけではない。

ビーストマシーンズ期
TRANSFORMERS DINOBOTS』は
トイのみで展開した為、
従来のダイノボットよりはマイナーだが、
多種多様な恐竜に変形する
ダイノボット達が揃っていた。

その名も『ダイノトロン』という、
ダイノボットの代表の様な名前を持つ
このTFは、パキケファロサウルスという、
これもまたマイナーな恐竜に変形する辺りが、
逆に興味を惹かれる存在であった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー リベンジ 限定EZコレクション ディセプティコン ランページ デザートコンバット
TRANSFORMERS REVENGE EZ COLLECTION DECEPTICON RAMPAGE DESERT COMBAT 5773

映画公開に先行して発売された玩具版のランページは、
建設機械らしさが感じられる黄色のボディカラーであった。

然れども、映画『トランスフォーマー リベンジ』に登場し、
バンブルビーと死闘を繰り広げたランページのカラーが
与えられており、黄色のランページの印象を覆した。

ランページ黄色という、全く異なる二つのボディカラーを
デフォルトで有している稀なトランスフォーマーである。



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ミクロマン  004 マグネパワーズ ミクロマン エジソン
ミクロマンエジソン ミクロマン・マグネパワーズ 004 平成ミクロマン 718

頭脳明晰なキャラクターは
どの様なジャンルのストーリーにも
必ずと言って良いほど存在しているが、
それは『ミクロマン』に於いても同様である。

更に発明家であり、その名も“エジソン”という、
この上なく分かり易いネーミングにも痺れる。

新型マシンの開発に余念が無いエジソンは、
ある意味、要とも言える存在であり、
ミクロマンチームの重要人物である。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ロストエイジ  ダイノボットマイクロン ダイノボット サンダーリップス
サンダーリップス 限定ダイノボットマイクロン プレゼントキャンペーン トランスフォーマーロストエイジ 633

巨大な恐竜ロボットのイメージが濃厚な
ダイノボットだが、小型TFマイクロンにも
『ダイノボット』を取り入れた
アイディアは非常に巧い物であった。

名称にも“ダイノボット”の文字が意図的に
使用されており、ダイノボットが活躍する
トランスフォーマー ロストエイジ』シリーズ
の販促アイテムとして相応しいネーミングに、
思わず食指が伸びてしまう。

マイクロン版ダイノボットは、
収集欲に駆られる配布プレミアムであった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog