十三非常階段
●KRE-O TRANSFORMERS  ガチャ・トランスフォーマー クレオン ラチェット
ラチェット クレオン クレオ トランスフォーマー ガチャ トランスフォーマー KRE-O 463

G1トランスフォーマーであり、
最初期メンバーの一人であるラチェットは、
アニメに於いても準レギュラーとして
大いに活躍したキャラクターだ。

大勢のサイバトロン戦士
メンテナンスを一手に担う
メカニック医師である彼は、
外せないメンバーの一人である。

特殊な位置付けのキャラクターとして
印象深かったのは、アイアンハイドと共に
アニメに於ける姿と発売されたトイが
懸け離れたデザインであった事だろう。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●BEAST WARS  ハッピーミール トランスメタルス ブラックアラクニア
TRANSMETALS BLACKARACHNIA McDonalds HAPPY MEAL TOY BEAST WARS TRANSFORMERS 347

トランスフォーマーのライセンス商品
の中でも長い歴史があり、
代表的な物に挙げられるのが
マクドナルドハッピーミール・トイだ。

ビーストウォーズ』シリーズでも
数多くのアイテムが製作されたが、
単発で終わる事はなく、ビーストウォーズ
セカンドシーズンの時期にも導入、
トランスメタルス版ハッピーミールトイ
も加わった。

ハズブロタカラ製のトイとは異なる
オリジナリティ溢れる姿の
トランスメタルス・ハッピーミールは、
子供だけではなく大人のファンを
惹き付ける魅力を充分に備えていた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●KRE-O TRANSFORMERS  ガチャ・トランスフォーマー クレオン サンダークラッカー
THUNDERCRACKER G1 KREON KRE-O TRANSFORMERS GACHA TRANSFORMERS 240

デストロン軍団の航空戦力の
要であるジェットロン部隊は、
数多くのリメイク版が製作され続けており、
それはディフォルメトイの
トランスフォーマー クレオン
に於いても同様であった。

デストロンの重要キャラクター、
スタースクリームは当然としても、
サンダークラッカースカイワープ
同一シリーズに加えたガチャ版クレオンは、
ジェットロン三人衆を揃えたいという
ファンの心理をよく理解している事が
窺えるラインナップであった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●KRE-O TRANSFORMERS  ガチャ・トランスフォーマー クレオン アラート
KREON RED ALERT KRE-O TRANSFORMERS GACHA TRANSFORMERS 160

海外ではどのTFシリーズも数え切れない程の
ラインナップを投入する事が常であり、
クレオ トランスフォーマー』も同様であった。

これに対し日本でのクレオTFは、
2013年に発売された11種類のボックスセットと、
ブラインドパッケージで販売された
12種類の単体版マイクロチェンジャー
のみにとどまっていた。

しかし2015年にまさかの新商品が登場、
しかも日本独自のガチャガチャという
意表を突く販売形態が採用され、
12種類ものクレオンTFが発売された事に
驚きを禁じ得なかった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ビーストサーガ  ガチャブースター vol.1 ライオーガ
ビーストサーガ ガチャブースター vol.1 ライオーガ 5033

ホビートイを軸に、コミック、アニメ、小説、ゲーム等の様々な媒体を駆使して
マルチメディア展開を行った『ビーストサーガ』は、非常に力の入った作品であった。

基本となるストーリー展開は共通しているが、コミックとアニメでは
キャラクター設定や構成が多少異なり、それぞれが独自の特徴を備えていた。

特にコミック版では主人公たるライオーガの熱血漢振りが顕著に描かれ、
感銘を受けるほどのキャラクター性を披露し、読者を大いに楽しませてくれた。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TRANSFORMERS POWER CORE COMBINERS  サルベージ & ボムバースト
SALVAGE BOMB-BURST TRANSFORMERS POWERCORE COMBINERS 2 PACK 004

合体をメインとしたトランスフォーマー
G1初期から存在し、
各個体がビークル、ロボット、合体モードに
変形する優れたトイであった。

合体TFの技術は年月を重ねる毎に進化し、
合体前の単体の状態でも非常に優れた
トイに仕上がっている物も数多く登場した。

パワーコアコンバイナーズ』シリーズの
合体ロボットの中心となるTFは、
単体でも非常にプレイバリューが高い
アイテムの代表格と言えよう。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマーGo!  G-09 ドララ
G-09 邪鬼軍団 ドララ トランスフォーマーGo! 912

トランスフォーマーには数体のロボットが
合体して大型ロボットを構築するチームが
数多く存在し、チームである以上、
部隊のリーダーが不可欠である。

しかしながら、『トランスフォーマーGo!』の
ゴラードラに合体する
邪鬼軍団の場合は他と異なり、
リーダーらしいリーダーは存在しない。

邪鬼軍団はドローン兵士の様な
部隊である為だが、トイでは
合体兵士ゴラードラのボディを形成するドララが、
リーダー的な雰囲気と造形を備えている。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー マイクロンブースター  Vol.2 6 ブリッツ
BLITS TRANSFORMERS MICRON BOOSTER VOL.2 776

小型TFマイクロンは数多のリカラー版が
製作され、日本、海外共に大量の
マイクロンミニコンが登場する事となった。

日本独自の『マイクロンブースター』は
2003年から展開が開始され、
3体チームが主流であったマイクロン
単体で販売した事が特徴である。

既存のマイクロンとは全く異なるカラーリングと、
新たな名称を与えられた新キャラクターとして
設定されている事も魅力の一つであった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●キュートランスフォーマー  QT-05 ランボル
LAMBOR Q TANSFORMES QT-05 SIDESWIPE 517

自動車メーカーの正規ライセンス取得商品
である事をアピールポイントの一つに据えている
キュートランスフォーマー』は、
チョロQスタイルながらも
カーモードの各部はリアルに造られている。

ランボル』の名称は、
カーメーカー・ランボルギーニの社名を
取り入れている為、メーカーライセンス取得
というスタイルのトイには
この上なく恰好のキャラクターと言えるだろう。

日本名『ランボル』の採用、
メーカーライセンス取得、
更にディフォルメタイプのランボル
然程多くは無い為、QTFランボル
様々な面で注目に値するアイテムとなった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー プライム  アームズマイクロン M-09 ゾリ
トランスフォーマープライム アームズマイクロン M-09 ゾリ 4400

情報参謀サウンドウェーブをマスターとするゾリは、
サソリをモチーフとしているアームズマイクロンだ。

サウンドウェーブの部下と言えばカセットロン部隊が想起され、
カセットロンにはジャガーコンドルコウモリ
恐竜ゴリラ等、アニマル型TFが多かった。

しかしゾリは、従来のカセットロンのメンバーには居ない
サソリ」を選んでいる辺りに意外性があり、
柔軟な発想を元に製作されている事が窺える。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog