十三非常階段
●トランスフォーマー プライム  スーパーコンボウェポン アステロイドドリル
SUPER COMBO WEAPON ASTEROID DRILL TRANSFORMERS PRIME ARMS MICRON 279

3体のアームズマイクロンが合体する事で
コンボウェポンを構築出来るが、
スーパーコンボを実現させるには、
アームズマイクロンエネルゴンクリスタル
全て異なる形状である事に加え、
エネルゴン属性が共通していなければ完成しない。

これ等の条件をクリアするアームズマイクロン
をコンプリートする事は、ファンにとっても
コレクションを充実させる目標の
一つとなるのである。

スーパーコンボウェポン・アステロイドドリル
の完成には長期間必要だった事もあり、
完成させた時の喜びも大きい物であった。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー カーロボット  D-002 ガスカンク
ガスカンク TF DESTRONGER D-002 GASKUNK TRANSFORMERS CAR ROBOT 171

日本のアニメ作品は海外に比べると
極端な規制は無く、
宗教関連の過剰な配慮も必要ない為、
自由なキャラクター付けが成されている。

トランスフォーマー海外版アニメ作品では、
まず有り得ない様な“オカマ”的な
キャラクター性を持つガスカンクは、
日本特有の存在と言えよう。

メインの視聴者である児童にとっても
非常に分かり易いキャラ付けのTFだが、
そのキャラクター性とは相反する
強力な兵士という事実は忘れられがちである。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●KRE-O TRANSFORMERS ステルスバンブルビー クレオン バンブルビー & ブルドッグ
KREON BUMBLEBEE & BULLDOG KRE-O TRANSFORMERS STEALTH BUMBLEBEE SET 950

クレオン・フィギュア単体販売されている物
数多く存在するが、元々はクレオ・ブロック
大型セットに付属するミニフィギュアであった。

それ故にセットでしか手に入らない
バージョンのクレオンも多く、
クレオン・フィギュアのバリエーションは
非常に豊富で奥が深い。

更にトランスフォーマーをモチーフにした
クレオンの他にも、兵士やパイロット等の人間、
更には『』までクレオンとして製作している
バラエティーに富んだ種類の多さが魅力である。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●ミクロマン  038 アクロゼンマイン カブターボ
ミクロマン マグネパワーズ 038 アクロゼンマイン カブターボ 平成ミクロマン 738

20世紀末という時世も影響していたのだろう、
1999年を中心に展開した
小さな巨人ミクロマン 超磁力システム』、
通称ミクロマン・マグネパワーズは、
タカラ製男児玩具の集大成的な要素を
多分に含んだトイで構成されていた。

主軸となる可動ミニフィギュアの
ミクロマンは勿論の事、
磁石を組み込んだマグネモシリーズ
変形ロボットのトランスフォーマー等、
それまでタカラが培ってきた様々な
トイシリーズの長所を惜しげも無く導入している。

そして1980年代に一大ブームを起こして
タカラ製玩具のブランドの一つとなった、
チョロQのギミックを取り入れた
ミクロマンの新アイテムがゼンマインである。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマーGo!  G-09 ガララ
参乗合体 トランスフォーマーGo! ガララ G-09 ゴラードラセット 邪鬼軍団 587

トイでは5体合体をフューチャーした
ゴラードラ セットとして発売され、
アニメに於いても各単体の活躍は
ほとんど無い始末であった邪鬼軍団だが、
元々海外では別個の商品として
販売されていただけあって個々の完成度は高い。

デザインや造形面、変形機構等は
申し分無いレベルの優れたトイながら、
ドララブララガララ等の類似した名称と
全員がドラゴンに変形するという共通点が多い事、
更にアニメではキャラクター性も没個性だった為、
邪鬼軍団の各単体の印象は極めて薄い。

しかし類似して紛らわしいと感じる名称には
意味があり、能力はそれぞれの邪鬼
見合った設定が作られている。
それ等を知れば邪鬼軍団の魅力は
飛躍的にアップするのだ。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ  UW-03 ストリートワイズ
STREETWISE PROTECTOBOT TRANSFORMERS UNITE WARRIORS UW-03 398

トランスフォーマーに於いて『パトカー』に
変形するキャラクターと言えば、
真っ先に名を挙げられるのは
G1初期から活躍しているプロールであろう。

しかしプロール以外のパトカー型TFとなると、
意見が分かれる事は避けられない。
G1世代では、アニメで活躍していた事で
記憶に残るゴーシューターホーリー
ムービーシリーズからのファンは
バリケードと答えるかもしれない。

ストリートワイズと即答するファンは
少数派である事は間違いなく、
その様なマイナーなTFが完成度の高い
リメイク版で復活した事を喜びたい。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●トランスフォーマー クロニクル EZコレクション 01 オプティマスプライム
TRANSFORMERS CHRONICLE EZ Collection 01 Movie G1 Color OPTIMUS PRIME 350

トランスフォーマー
には次の様な句がある。
あかいボディーのコンボイは サイバトロンのしれいかん

これは昭和時代のG1当時に発売された
かるた」の読み札に記載された一文だが、
ここで重要となるのは、コンボイ(オプティマスプライム)の
ボディカラーは「」という特徴を明確に記している事である。

時代は流れても初代コンボイの『赤いボディ』という伝統は受け継がれ、
異なるTFシリーズの様々なコンボイ(オプティマスプライム)も
G1カラーVer.が製作される事が定番となっている。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

●TRANSFORMERS  カレラ(グリーン)
South American G1 TRANSFORMERS ROBOCAR CARRERA Green CLIFFJUMPER 108

1984年に誕生した
トランスフォーマー』シリーズは
本国アメリカで爆発的な大ヒットとなり、
翌年1985年以降はヨーロッパを始め日本も含む
各国で展開する世界的なトイシリーズとなった。

G1初期からそれぞれの国で独自の展開を
行ったトランスフォーマーだが、
殊にブラジルペルーアルゼンチン等の
南米の国々で発売された
いわゆる『南米版トランスフォーマー』は、
非常に特殊なTFシリーズであった。

欧米や日本のTFトイとはラインナップが
大幅に異なる南米トランスフォーマーは、
トランスフォーマーを追い求めるコアなファンが
一度は直面する謎多きTFシリーズである。


テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog