十三非常階段
●ロボットマスターズ  RM-11 ビーストコンボイ
BEAST CONVOY Transformers Robot Masters 728

ロボットマスターズのトイは
リペイント品が大半を占めましたが、
司令官クラスのキャラクターは
新規で造られました。

その中でもBWシリーズの三体、
ビーストコンボイビーストメガトロン
ライオコンボイは、特に力が入っていると
感じさせる出来映えの
完成度が高いトイに仕上がっていました。



ビーストコンボイ TF ロボットマスターズ 658  ◆ 名前 : ビーストコンボイ

  ◆グループ: サイバトロン

  ◆ 役割 : 総司令官

  ◆ 変形 : マウンテンゴリラ

 
  ◆シリーズ: ロボットマスターズ

  ◆ 発売日: 2004年8月5日

  ◆ 価格 : 1480円




RM-11 BEAST CONVOY Transformers Package Box

パッケージ




ビーストコンボイ TF ロボットマスターズ マウンテンゴリラ 683

ビーストモード

RMビーストコンボイ
1997年のウルトラクラス・コンボイ
ダウンサイジングした様なトイだが
造形は全て新規で、ゴリラの顔は
モールドが細かくなり、よりリアルになった。



ビーストコンボイ TF ロボットマスターズ マウンテンゴリラ 689

後姿

一見しただけではウルトラクラス・コンボイ
見紛う程の再現度が凄い。

実際のビーストコンボイは高さ10cm程で
ウルトラクラス・コンボイの半分位の大きさ。




BEAST CONVOY RM-11 Mountain Gorilla 691

一般に動物園等で目にするゴリラは
ニシローランドゴリラで
マウンテンゴリラではない。

マウンテンゴリラの成獣の雄は
体長1.8m、体重200kg.にも達し、
背中は白銀に輝き、
“シルバーバック”と呼ばれる。



RM BEAST CONVOY Gorilla mode 692

マウンテンゴリラは、アフリカの
ヴィルンガ火山帯と呼ばれる山岳地帯と
ウガンダ南西部のブウィンディ国立公園に生息し、
その総個体数は600頭程とされ、
国際自然保護連合レッドデータブックの
絶滅危惧種に指定されている。




変身!ビーストコンボイ!!
RM Beast Convoy Transform



RM BEAST CONVOY Head Change Gimmick

ゴリラ頭部を下ろすとギアで連動して
顔が回転、胸部に位置した時点で
パネルが前方に向く仕組みになっている。




ビーストコンボイ RM-11 ロボットマスターズ 656

ロボットモード

BWコンボイのCGアニメのデザインを
忠実に再現した初の変形トイ。

マスクに口のモールドがある所が
最大の特徴と言えるだろう。



BEAST CONVOY TF Robot Masters 659

CGデザインを踏襲した
胸部パネルの形状や
握り拳から平手になった事等、
1997年のトイと比べると
変更点が多く見られる。



ビーストコンボイ RM-11 ロボットマスターズ 665

リア

ゴリラの臀部を背中に移動出来る様に
なった事でスマートな体型になった。

尚、手足の白く見える部分は
クリーム色が使用されており、
日焼けや黄変ではない。




ビーストコンボイ RM-11 ロボットマスターズ Profile 702

惑星エネルゴアと呼ばれていた
太古の地球から召喚された戦士。

若く有能だが頑固で怒りっぽい面も持つ。

尊敬するG1コンボイと共に
戦える事を誇りに思っている。』




TF Robot Masters BEAST CONVOY Tech Specs 677

テックスペック

・ランク   : 10
・パワー   : 9
・ディフェンス: 9
・スタミナ  : 10
・スピード  : 8





MEGA BLASTER BEAST CONVOY Transformers 669

メガブラスター

両腕のパネルを開くとスプリングにより
ブラスターがせり上がる。



ビーストコンボイ メガブラスター ロボットマスターズ 720

ウルトラクラス・コンボイで右腕に
収納されていたハンマーはオミットされ、
左腕と同じメガブラスターに変更になった。

これもCGアニメに合わせた変更点と言える。




PLASMA CANNON BEAST CONVOY Robot Masters 674

プラズマキャノン

スプリングによる肩へのセットや
ミサイル発射ギミックは無いが、
CGを基にしたデザインは
劇中に酷似している。

このキャノンと基部の黒い部分は
全塗装になっている。




CYBER BLADE BEAST CONVOY TF ROBOT MASTERS 676

サイバーブレード

ビーストコンボイ専用の刀は、
従来のトイと同様に二本付属する。

RM版コンボイは青の成形色が無い為、
ブルーの塗装が施されている。



サイバーブレード ビーストコンボイ RM-11 672

サイバーブレードは背中にセット、収納出来る。

又、背部には劇中でコンボイジェット
称される二つのジェトノズルが
新規に造形されている。




BEAST CONVOY OPTIMUS PRIMAL ROBOT MASTERS 666

12cm程のサイズのトイにウルトラクラス
同じ数多くの武器を取り入れて再現し、
更に造形は各段に向上している為、
高く評価すべき仕様のアイテムとなっている。




Missile Launcher BEAST CONVOY OPTIMUS PRIMAL 679

ミサイルランチャー

クリアーパーツが美しい
ロボットマスターズオリジナルの武器。

スプリングでミサイルを発射可能。



ビーストウォーズ ビーストコンボイ ロボットマスターズ 707

このミサイルランチャーは同シリーズの
G1コンボイと共通の物。

ビーストコンボイG1コンボイの部隊に
加わった事を示している武器とも考えられ、
ストーリー的にも整合性がある。




Transformers Weapon Set RM Beast Convoy 715

付属武器一式

下部中央のグレーの四角いパーツは
梱包状態でサイバーブレード
固定する為の物。

これを利用してサイバーブレード
繋ぎ合わせて持たせる事も可能。



Fully Equipped OPTIMUS PRIMAL Beast Convoy 712

フル装備状態

全ての武器を同時に装備、
展開する事が出来る。



RM ビーストコンボイ フル装備 710

ギミック的にはランチャー
ミサイル発射だけと少ないが、
多彩な武器の再現度は高く、
それを補って余りある充実感がある。





コンボイジェット ビーストコンボイ RM-11 708

海外ではビーストウォーズシリーズ初の
コンボイのトイであるコンボバット
特徴を取り入れた形として、
アニメではゴリラコンボイ
飛行能力を与えたとされる。



BEAST CONVOY OPTIMUS PRIMAL ROBOT MASTERS 723

劇中でも頻繁に飛行していたので、
ゴリラであるビーストコンボイ
飛ぶ姿に抵抗が無い事は、
CGアニメによる功績が大きいだろう。




ビーストコンボイ TF ロボットマスターズ RM-11 705

ロボットマスターズのストーリーは、
G1世界に属する物で、最初期のTFシリーズ
戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー』から
トランスフォーマー・ザ・ムービー』の
間である2004年の地球を舞台としている。



MAXIMALS BEAST CONVOY OPTIMUS PRIMAL 682

ビーストコンボイは太古の地球から
2004年の時代にタイムワープして、
G1サイバトロン軍に合流した。

この経緯の設定を表現しているのが、
ビーストコンボイの軍団マークである。



ビーストコンボイ サイバトロンマーク RM-11 662

G1サイバトロン部隊の一員として
ビーストコンボイマキシマルマークではなく、
サイバトロンマーク(オートボットマーク)を
付けている面が目新しく映る。



BEAST CONVOY ROBOT MASTERS Transformers 2671

後のライオコンボイはデザイン上、
胸のマキシマルマーク
そのままな所も興味深い。

様々な時代のTF達が共闘している
ロボットマスターズ』だけに、
軍団マークの使い方も多様なのだ。




BEAST CONVOY Transformers Robot Masters 667

ロボットマスターズ シリーズ の中でも
ビーストコンボイは、メーカーの本気を
感じさせる高いクオリティのトイでした。

多彩な武器やCG設定を再現した
見事と言う他無い造形、
可動、塗装精度も申し分なく、
価格を考慮すればサービス品と言える程。

このビーストコンボイは、TF史に残る
名作と言っても過言ではないでしょう。







Double CONVOY Gorilla & Rodimus 731

◆参考にならない比較◆





⇒ ビーストウォーズゆび人形 コンボイ    `
⇒ C-6 コンボバット             `
⇒ ビーストマシーンズ オプティマスプライマル







初公開日:2010/5/24(月)

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog